「丘(きゅう)の遺志はここまで堕ちたか……」
 亀山博士は帝国大学インド哲学を専攻し博士号を得たあと、三十数回におよぶ癲狂院(てんきょういん)への入退院をくりかえした。
 薫に憑依した中山老人の話によれば、亀山博士の風貌(ふうぼう)は豊かな白鬚のモダンな老紳士だという。
 先に記した独白は、後年南方熊楠(みなかたくまぐす)とも交流があったという亀山博士が、大日本帝国軍国主義を目の当たりにしたときの呟きだ。

広告を非表示にする