読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10

薫は統合失調症と診断されている。中山老人によるという憑依のときの自動的な語りも、統合失調症の症状である独語ととらえることはできる。 思考を重ねた結果、薫には自らの状態は日常と意志のずれだという確信があった。しかし意志というのは、一体どこから…

「丘(きゅう)の遺志はここまで堕ちたか……」 亀山博士は帝国大学でインド哲学を専攻し博士号を得たあと、三十数回におよぶ癲狂院(てんきょういん)への入退院を繰りかえした。 薫に憑依した中山老人の話によれば、亀山博士の風貌は豊かな白鬚のモダンな老…

「忘れてるんだよ」 これは薫が路上で倒れ救急車で病院に運ばれ、寝かせられていたベッドの上で叫んでいたとき、薫を取り押さえていた看護師の誰かが言った言葉だ。 神だありと前後して、薫のあたまに湧いてくる記憶。さながら夢と現実の境(さかい)の出来…

二度目のエクスタシーのとき、薫は中山一郎(なかやまいちろう)という老人を名乗った。一度目は神だった。中山老人は独特の講談めいた口調で、有楽会について語りはじめた。自身は大学の哲学科の名誉教授だと言った。 中山老人は有楽会の成立と目的、そして…

強姦の記憶より前、幼い薫が母方の祖父母の家に行ったとき、刑務官だった祖父はいつものように薫をスクーターに乗せ、外へ遊びに出た。そのスクーターを運転していた祖父を呼びとめたのが連山賢治(れんざんけんじ)だ。賢治はかつて徒刑囚だった。 しかし久…

はじめに浮かびあがってきたのは強姦の記憶だ。薫が子どもの頃、家族と母方の祖父母の家に行ったとき、大叔父、祖父の弟に犯された。聡(さと)かった薫が皆のまえで大叔父を言い負かしたからだ。ただその夜、家族も一緒に寝ていた部屋のなかで、そうしたこ…

薫はゲームデザイナー志望だった。ノートに書かれている有楽会(うらくかい)というのは、薫が友人の鉄(てつ)とともにつくろうとしていたゲーム、『函(はこ)のなかの少女』に登場する組織の名前だ。有楽会は明治維新後つくられた宗教団体から派生したと…

最初のエクスタシーから数カ月後、大学を休学していた薫は沖縄宮古島のユタのもとを訪れている。ユタとは沖縄などの民間の巫者(シャーマン)のことだ。ユタは薫に「神だあり」だと言った。神だありとは巫者が成巫するときに通過する巫病だ。 「世界が消えた…

薫は童貞だという。ただ多くの「あたまをやられた」人たちと同じように、彼の記憶も錯綜している。 薫は最初の大学退学から、二十回以上精神科に入院した。退学後、佐賀の実家にもどり、ひどく考えこむようになり、ある日風呂に入っていると「世界が消えた」…

河瀬のノートにはさまれていた泉薫の(正確には泉薫のモデルとなった男の)履歴書には、彼の写真が貼られている。それはおそらく泉薫本人から河瀬がもらい受けたものだろう。度の強い眼鏡をかけた面長のその顔は、どこか神経質そうにも見えた。 薫は佐賀の高…

はじめに

私が河瀬由子を知ったのは、今から数年前のことだ。その頃河瀬はエイトソフトという創作サークルに参加し、アドベンチャーゲームのシナリオを書く予定だった。しかしサークル主宰者の健康の悪化などにより、その話を構想から先に進めることができないでいた…

大和徒夢物語(やまとあだゆめものがたり)

卍 兄弟へ